漫画の最近のブログ記事

カイジ

user-pic
0

最近ギャンブル漫画の「カイジ」にはまっています。

私はガンダムもそうですが、完結している作品を一気に楽しむのが好きです。
DVDもまとめて観たいしコミックスもまとめて読みたいです。

カイジの場合は「・・編」みたいな感じで13巻ごとに完結しているので、とりあえず3部まで見ました。
4部はまだ連載中らしいので。

ハラハラドキドキのスリルと知恵を絞った戦いが面白かったです。

健太やります!

user-pic
0

昔「健太やります!」という漫画を全巻揃えて読んでいました。
バレー漫画で、野球漫画「MAJOR」の作者の作品です。

私も中学生の時バレーをやっていたので、興味を持って読んでみることにしました。
主人公はバレーボールをやっているというのに身長がかなり低く、レシーバーやセッターとして根性バレーをやっていきます。

エースアタッカーの前田はその後のMAJORの茂野 吾郎(本田 吾郎)にキャラが引き継がれた感じですね。

お勧めの漫画ですので是非!

修羅の門を読み終わり、今は修羅の刻を読んでいます。
宮本武蔵、坂本龍馬、新撰組、アメリカ編などを読み終わり、今は源義経編を読んでいます。
何度も読んだ本ですが、繰り返し読んでもやっぱり面白いですねぇ
前回読んだのが4,5年以上も前ということもあって結構忘れてますし。

修羅の門の復活まで全部読み終わることが出来そうです。
再開が待ち遠しいですね。

いいひと

user-pic
0

ひさしぶりに昔買ったコミックスの「いいひと」を読んでみました。

「いいひと」人が良すぎるくらいのサラリーマンについて描かれた漫画です。
といっても単なるお人よしではなく、信念を持っているところが面白かったりします。

「草なぎ剛」が主演したドラマも面白かったですね。
ちょっとやりすぎな感じの演技でしたけど。

修羅の門の復活を機会に、先週から修羅の門を1巻から読み始めました。
1日3?6冊位読んで、今日全巻読み終わりました。

1巻と最終巻が全然絵が違います。
キャラもどんどんと悟りを開いていくような感じですね。

やっぱりまとめて読むのは面白いですねぇ

鋼の錬金術師

user-pic
0

この前鋼の錬金術師見たばかりですが、面白かったのでもう一度最初から見ることにしました。
かなりの名作ですね。
子供向けっぽい雰囲気かと思いましたが、内容はなかなかシリアスです。
序盤はおちゃらけた感じでしたが、後半部が熱いですね。

修羅の門再開

user-pic
0

15年位前に月刊マガジンで連載されていた「修羅の門」が再開するらしいという話を聞きました。

当時かなり大好きな漫画だったので、とても嬉しいです。
「門」だけでなく「修羅の刻」も面白かったです。

ボクシングのヘヴィー級世界チャンピオン、ヴァーリトゥードで優勝した陸奥九十九が次はどんな挑戦をするのか気になるところです。
ラストは意味ありげな終わり方してましたしね。

再開をとても待ち遠しく思っています。
今はふと今までの流れがどんなだったか気になり、修羅の門を1巻から読んでいます。
今はボクシング編のあたりです。
やっぱり面白いですねぇ(^^♪

人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公両さんの銅像が壊されたという事件で、自分が壊したという男が自首したらしいですね。

調子に乗っていたのか、酔っ払っていたのか、何にせよ意味の無い行為で犯罪歴がついてしまいましたね。

ちなみに私は学生時代こち亀が大好きで、当時出ていた80巻位を全部そろえていました。
最初の方は昭和4,50年代ということもあり、絵が全然違いますね。
60巻位から今の絵に近くなってきます。

現在も連載中で平成22年4月時点で169巻も出ているとか??
私が集めていた時から更に80冊も出たんですね。

良くネタが尽きないもんだと思いますね(^_^;)

修羅の門

user-pic
0

20年位前「修羅の門」という漫画がありました。

現在月刊マガジンで「海皇記」を書いてる川原正敏さんが作者です。
底知れない主人公や未知の技など、やはり作品の雰囲気は似てますね。

いずれ復活しそうな雰囲気を残したまま終わってしまった感じなのが残念ですが。。

海皇記に出てくるのは陸奥の子孫だった、とかいうオチだったりして。

オリオン

user-pic
0

銀河伝説ウィードの続編「オリオン」を1?3巻をまとめて買ってきました。
一気に読むのって1話ずつ雑誌で読むより面白いんですよね。
ガンダムもそうですが一気に見るとより没頭出来ますし。

オリオンには主人公のオリオンの他、父のウィード、祖父の銀、叔父のジョー、兄のシリウスなどが出てきます。

シリウスは小さいから見分けがつきますが、他はほとんど同じです。
唯一銀は額に傷跡があり、あと老化を表現したいのか目に精気がありません。
でもうっかり気を抜くと誰が誰だかわからなくなります。

犬漫画というのは難しいものだなと思いました。
まあ面白いからいいんですけど

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち漫画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは名シーンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。