2011年3月アーカイブ

福島原発

user-pic
0
東電の社長は病気になって出て来れないそうで、今度は気の強そうな会長が出てきました。 東電には周辺住民、福島県民は多大な迷惑を被っています。 周辺避難で隣県にも避難民が来ていますが、収束の気配はありません。 今頃東電は<廃炉>と発表しましたがあの状況を見ると素人目にも修理復元はできそうも無いのが分ります。 国有化の案も出ましたが、やはり民間の方が効率が良いと思います。
いずれ保証問題で私たちの税が使われる事になのでしょう。
宮内庁の御料牧場で生産された農産物が栃木県の避難所に配られた。 天皇陛下の御意向で被災者を助けたいと、卵1千個、サツマイモ100K、豚の水煮の缶詰、鳥の燻製などが御料牧場から運ばれました。 どこぞらの独裁国家と違って天皇陛下のお気遣いが伝わってきます。
これにたいして被災者は「とてもありがたことです」と喜んでいたと報じています。

酢ゴボウを作った

user-pic
0
三週間前に作った酢ゴボウが食べて無くなったので追加でつくりました。作ったといってもゴボウを千切りにして玄米酢に漬けるだけです。
ゴボウには食物繊維がたいへん豊富に含まれています。食物繊維は低エネルギーで満腹感を得られますので肥満対策には良いのです。
また血液中の余分なコレステロールを吸着して体外に排出する働きもあります。これによりコレステロール値を下げ動脈硬化も防止します。
我家ではちょっと酸っぱいですが健康のため、食べています
救援物資が届かない福島第一原発の周辺20?30kの町があるそうです。 
テレビであれほど原発の話をしていると、出来れば近づきたくない、と思ってしまいそうですが、そこには人がまだ住んでいるのです
いわき市は大きな市ですが一部は30Kに入っているらしいです。 そうすると市全体が避難もしくは買い物にも出ないようになるし、配達も来ないようになるのだそうです。 
かなり厳しい状況ですよね。。

これとは別に米軍は80Kまで立ち入り禁止と米国人には言っているとか。
日本政府とアメリカの判断はどちらが正しいのでしょうか?

納豆の食べ方

user-pic
0
我家では納豆を良く買いますが納豆は安くて栄養があるので食卓の定番です。 まあ納豆ネギ、納豆卵、納豆ニンニク、納豆大根おろし、などいろんな食べ方をしますがそれだけいろんな食品に合わせ易いのでしょう。 
納豆には10Gあたり100億個の納豆菌が存在するそうです。
なかでもねばねば部分に含まれるナットウキナーぜは血液をさらさらにするそうです。 納豆は我家ではみんなに一つづついろんな種類で食べます。
ニンンクの人、大根おろしの人、卵の人それぞれがめいめい朝好きな食べ方をして出かけます。

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。